ハイキュー!!屈指のゲスプレイヤー「天童覚」の現在は?過去や特徴などをまとめてご紹介

バレーボール強豪校・白鳥沢学園の3年生、守りの要となるプレイヤー「天童覚」。

掴みづらい独特な雰囲気と相手の嫌なところをついてくるゲスプレイは、烏野高校も苦しめられた一校です。

ブロッカーらしく読み合いには強く、一瞬の攻防の中で繰り広げられる駆け引きは一度悟られると手が付けられなくなるのだとか。

そこで本記事では天童覚の現在を踏まえ、過去やプレイスタイルなど天童覚について徹底解析していきます。




ハイキュー!!天童覚のプロフィール

プロフィール
所属:白鳥沢学園3年2組
ポジション:MB(ミドルブロッカー)
身長:187.7cm
体重:71.1kg
最高到達点:327cm
誕生日:5月20日
声優(CV):木村昴

ハイキュー!!天童覚の性格は?

天童の性格は明るく天真爛漫、バレーボール部のムードメーカー的存在です。

敵に勝手に呼び名を付けたり、必殺技をつけたりとマイペースでお茶目な要素を持っており、等身大の高校生と言えるでしょう。

普段は面白おかしく近寄りやすい雰囲気ですが、試合になると一変、真顔になったり険しい顔つきになるなどギャップも。

表情がとにかく豊かなので観ている人を飽きさせません。

ハイキュー!!天童覚のプレイスタイルは?

https://twitter.com/haikyu_fanno1/status/1225577901875060736

天童のポジションはMB(ミドルブロッカー)。

白鳥沢学園の攻めが牛若なら、守りは天童といったところで、守りの要です。

天童のプレイが「ゲス」と言われますが、決して「下衆」という意味合いではなく、英語で”予想する”という意味。

常に敵のプレイを読み取り、そして予想した動きをきっちりとしてくる、この嫌みったらしさに自分のプレイが封じ込まれる人は少なくありません。

中学時代からマイペースにプレイしてきたものの、周りからはそのプレイスタイルをあまり理解されず、苦しんだ過去も。

ハイキュー!!天童覚の現在は?進路は?

https://twitter.com/rainboikawa/status/998121870959390720

天童覚の現在は、最新の原作漫画ではいまだ分かっていません。

同じ白鳥沢学園のチームメイトのおおよその進路が公開されているにも関わらず、天童だけはまだ未明。

全国常連のレギュラーだったわけですからプロとしてプレイしていてほしいと願います。

ハイキュー!!天童覚の声優は「木村昴」さん

天童の声優を務めるのは、1990年6月29日生まれ、ドイツ出身の声優「木村昴」さんです。

日本とドイツのハーフですが7歳までドイツに住んでいたことから、ドイツ語も堪能。

子役のときからアテレコをしており、ドラえもんではジャイアンの声を担当、そこから本格的に声優業に力を入れるようになったといわれています。

天童とジャイアンの声が同じとは声質の幅広さを物語ります。

天童覚の世界観にハマる…!

https://twitter.com/kansaianimeoff/status/865599791710916608

今回は白鳥沢学園のエッジの効いたキャラクター「天童覚」についてご紹介してきました。

見た目からもわかる独特な雰囲気の天童ですが、その天童が織りなすプレイも個性そのもの。

プレイを悟られたら最後、どんな攻めも華麗にカバーされてしまうのです。

天童の圧倒的心理戦に魅了されてください…!